子供服と刺繍と毎日子育て

ハンドメイドブログ

【観劇】サウンド・オブ・ミュージック(劇団四季)

劇団四季の「サウンド・オブ・ミュージック」を見てきました。

moblog_6647836f.jpg

上映時間は映画とほぼ同じ約2時間半。

尺が映画と同じで、表現方法がミュージカルであるため、全体的には映画のダイジェスト版のような感じ。

子供たちがマリアを受け入れるまでの葛藤とか、大佐の婚約者であるエルザ男爵夫人の引き際とかが省略されているので、非常にシンプルな明るいお話になったなぁという心象。

正直、大佐の意見転換の速さ凄い。進行上の問題があるとはいえ、笑えてくる。

作中うたわれる数々の名曲にも基本的に邦訳版です。そのせいで一瞬どの曲かわからなくなったり。

「Sixteen Going On Seventeen」(邦題:もうすぐ17歳)の歌い出しは笑わせていただきました。そこは上手く邦訳できなかったんだなぁ。

個人的にはOPの修道院で修道女たちが歌うシーンが圧巻だった。

すでにストーリーを知っている作品なので大感動とかストーリーに関する感想は抱きにくいんだけど、楽しかったし見に行って良かった。